活動報告

衆議院総選挙の結果を受けて、その先の政策を力強く前進させるために

■選挙結果の受け止め

内閣総理大臣、自民党総裁、岸田文雄です。昨日の衆議院議員選挙で、我々に、貴重な一票を投じていただいた有権者の皆様に、心から御礼申し上げます。

衆議院議員選挙は、政権選択選挙であります。

大変厳しい選挙でありましたが、引き続き、「自公政権」の安定した政治の下で、そして「岸田政権」の下で、この国の未来をつくり上げていって欲しいという民意が示されたことを、大変ありがたく、また、身が引き締まる思いで受け止めております。
そして、自民党に対しましても、261議席という貴重なご支援をいただきました。責任政党自民党として、国民の負託に応えてまいります。

一方で、今回の総選挙において、我が党に対して、多くの厳しい声も寄せられたことについては、厳粛に受け止めなければなりません。
今後、各選挙区の結果を分析し、これからの国政、そして、次の選挙に活かしていきます。

先ほど、自公党首会談を行い、連立合意に署名いたしました。引き続き、丁寧できめ細かい政策調整を行い、安定感を持ちながらも、果断な政策実行に取り組んでまいります。

自民党総裁選から、組閣、そして、解散総選挙と、スピード感を持って進めてきました。国民の皆さんの信任を得た今、皆さんからいただいた一票一票の重みを胸に、今後は、このスピード感を、政策実行の面で発揮していきます。

■新型コロナ対応

先ず、新型コロナ対応です。今月前半までに、新型コロナ対応の全体像を国民の皆さんにお示しします。

入院を必要とする方が、確実に入院できる体制を、11月末までに整備します。

全ての自宅・宿泊療養者に対し、陽性判明当日か、遅くとも、その翌日には、医師などの専門家が連絡を取る即応体制を構築します。

デジタルの力を活用し、感染拡大時における病床使用率を病院毎に見える化する仕組みも作ります。

ワクチン、検査、飲める治療薬、この一連の流れを抜本的に強化します。3回目のワクチン接種を12月から開始するとともに、無料検査の範囲を大幅に拡大します。そして、早期治療の切り札である飲み薬について、年内実用化を目指し、承認された薬について、必要量を確保します。

これまでの新型コロナ対応を徹底的に検証し、感染症危機管理の抜本的強化、感染症危機管理の司令塔組織の創設にも取り組みます。

■経済対策

第二は、経済対策です。私自らがリーダーシップをとり、与党とも連携して大型の経済対策を11月中旬に策定します。そして、年内のできるだけ早期に補正予算を成立させ、国民の皆さんに、一刻も早くお届けします。

経済対策には、非正規、子育て世代などで生活にお困りの方へのプッシュ型の給付金を盛り込み、国民の生活を支えていきます。

事業主向けの給付金については、地域、業種を問わず、来年3月まで見通せるような形で、持続化給付金並みの措置を盛り込みます。雇用調整助成金の特例措置を来年3月まで延長します。

経済再生に向け、消費を喚起するため、安全・安心な形に見直した上で、GoToトラベルの再開を検討していきます。

■新しい資本主義の起動

経済対策には、新しい資本主義を起動するための取組も盛り込みます。
令和版所得倍増を目指し、成長を実現し、その果実を国民お一人お一人に、給与の引き上げという形で実感していただきます。そのために、新しい資本主義実現会議をはじめ、デジタル臨時行政調査会、デジタル田園都市国家構想実現会議の議論を本格化させます。

そのためにまず行うのは、科学技術、デジタル、地方、経済安全保障といった成長分野への大胆な投資です。
10兆円の大学ファンドを実現し、世界最高水準の研究大学を形成します。ワクチン・治療薬の研究開発・国内生産体制の強化を支援します。
デジタル田園都市国家構想の具体化に向け、デジタルを活用した地域の自主的な取組を応援するための交付金を大規模に展開します。また、5Gや半導体、データセンターに加え、光コンピューティング技術といった、デジタルインフラへの投資を推進し、地域からデジタルの社会実装を進めます。
地域の成長の担い手である中小企業が、新型コロナの危機を乗り越え、新たな事業展開ができるよう、積極的に支援するとともに、金融面での環境整備も図っていきます。
経済安全保障については、重要技術育成やサプライチェーン強靭化などを進める法案の準備を加速します。

もう一つ重要な柱は、官民を挙げて、国民お一人お一人の給料を引き上げていくための具体的なアクションプランです。
賃上げ税制の抜本的強化や、補助金の要件として、賃上げを求めることで、企業による賃上げを強力に促します。
さらに、私自ら、新しい資本主義実現会議の場で、労使の代表と向き合い、賃上げに向けた議論を主導します。
企業の成長と、給与の引き上げを両立するためには、働き手が、デジタルなどの新しい時代のスキルを得ることも重要です。中小・小規模事業者を中心に、自らのスキル磨きや、企業による人的投資を大胆に支援します。
看護、介護、保育などの現場で働いている方々の収入を増やしていくため、来週にも、公的価格評価検討委員会を設置し、公的価格の在り方を抜本的に見直していきます。

さらに、子ども庁の創設、働き方に中立的な勤労者皆保険制度、人生100年時代の全世代型社会保障などの課題にも取り組んでいきます。

■外交・安全保障

外交・安全保障においては、首脳外交を積極的に展開します。

米国をはじめとした同盟国・同志国には、可能な限り早期に、直接訪問し、あるいは、これら諸国の首脳を我が国にお迎えします。国際会議の機会や電話会談も活用してまいります。

早速、明朝には、COP26に出席するため、イギリスに向けて出発します。我が国が2050年カーボンニュートラルの旗を堅持するのはもちろんのこと、アジア全体でのゼロエミッション化に向け、我が国がリーダーシップを発揮してまいります。こうした国際約束を実現するため、経済対策では、新たなアジア支援の枠組みへの資金拠出や、EVの充電ステーション、蓄電池製造設備など、クリーンエネルギーへの投資も柱の一つとして盛り込みます。

私が指示した国家安全保障戦略等の改訂については、今後国家安全保障会議で徹底的に議論を行い、ミサイル防衛力、AIなどの先端技術、宇宙・サイバーなどの新たな課題にスピード感を持って対応してまいります。

■憲法改正

最後に、憲法改正についてです。党是である、憲法改正に向け、精力的に取り組んでいきます。
与野党の枠を超え、憲法改正の発議に必要な国会での三分の二以上の賛成を得られるよう議論を深めます。併せて、国民の皆さんの御理解を得るための活動もしっかりと行っていきます。

blank

■おわりに

選挙戦で全国を回る中、私が感じた、国民の皆さんが抱えている、コロナへの不安、そして、経済再生への期待。
この危機を乗り越え、未来を切り拓いて行こうとする意志。厳しさを増す国際情勢への危機感。そして、何よりも、政治の安定と、政策の実現を強く求める切実な願い。
全国で私達が、受け止めてきた、国民の皆さんの声に応えるための政策を、スピード感を持って断行していきます。

選挙戦という戦いが終わり、これから、政権を待ち受けているのは、政策実現のための戦いです。
成長のための改革に大胆に取り組むとともに、分配のための新たな仕組みをつくり、動かしていきます。

私は、自民党総裁として、内閣総理大臣として、国民の皆さんの声を丁寧に聞きながら、全ての国民の皆さんの先頭に立ち、新たな時代を切り拓いていきます。

国民の皆さんにも、ぜひ、ご協力をお願い申し上げます。

衆議院総選挙の結果を受けて、その先の政策を力強く前進させるために

年別に絞り込む

岸田文雄 公式アカウント