第74号 平成30年年頭所感