第63号 なぜ我々は決して広島を忘れてはならないのか