トップ ■実績・政策 ■経歴 ■ビデオメッセージ ■活動記 ■@ラジオ ■季刊紙「翔」 ■メール ■後援会

 vol.22
 ■ 文部科学行政教育改革元年
 ■ H−2Aロケット打ち上げ成功
 ■ 第八十三回全国高等学校野球選手権大会
 ■ 平成十三年度全国高校総体
 ■ 全国高等学校PTA連合会大会
 ■ 岸田文部科学副大臣の一日
 ■ 岸田文雄後援会イーグルレディース白島国会見学会

 ■文部科学行政教育改革元年
 
 文部科学副大臣に就任してから5ケ月がたとうとしています。その間、教科書検定間題、国立大学の入試ミスの問題、大阪教育大学付属池田小学校事件、教育改革関連法案の審議、等々、多くの課題に直面し、悪戦苦闘しました。 一方、甲子園の高校野球の開会式、インターハイの開会式、H2ーAロケットの打ち上げなど、大変晴れがましい場にも立ち会わせていただきました。
あらためて文部科学行政の幅の広さを感じるとともに、まだまだ頑張らなければと、心を引き締めています。引き続きまして皆様のご指導ご鞭撻賜りますようお願いを申し上げます。
先日テレビを見ていたら、アメリカのブッシュ大統領が夏休み明けの政治日程について記者会見を行っている場面が映されていました。その中で大統領は自分には重要な政策の柱が二つあり、一つが外交防衛政策であり、もう一つが「教育政策」である、と訴えていました。
 一方、イギリスのブレア首相は、「自分の政策には柱が三つある。一つめの柱は教育であり、二つめの柱も教育であり、三つめの柱も教育である。」と訴えて先の総選挙に大勝利をおさめました。こうした各国首脳の「教育」に対する積極的な姿勢を受けて、来年のサミット(主要先進国首脳会議)の主要テーマは「教育」に決まっています。 こうした各国の教育熱はどこから来ているのでしょうか。21世紀、新しい世紀を迎え、激動の時代が予想されています。環境問題、食糧問題をはじめ、世界規模で立ち向かわなければならない大きな課題が数多く待ち構えています。外交安全保障においても冷戦構造崩壊後の新しい秩序が模索されています。経済においても国際的な大競争時代が続きます。こうした激動の時代においては、自国の国民が各国の優秀な人材に伍して逞しく生きていくことができなければ自国の繁栄を維持することは出来ません。やはり人材こそ何よりの財産だということを世界中が意識し始めたという事でしょうか。
 世界各国がこうして教育改革に力を入れる中、日本だけ遅れをとるわけには行きません。日本においても、今までも日本の教育、広島の教育等、大きな議論が行われてきました。教育に対する大変な危機感は存在します。しかし、世界中の優秀な人材に伍して逞しく、したたかに「日本」や「日本人」が生きていくためにはどのような教育改革を進めるべきなのか、という広い視点がもっと強く求められるべきではないでしょうか。
 今年は、国においては「二十一世紀教育新生プラン」が策定され、「教育改革元年」と位置付けられています。私も教育改革の議論の中でこうした思いをしっかりと訴えていきたいと考えています。


■ H−2Aロケット打ち上げ成功
 
 8月29日、日本の宇宙開発の命運をかけた国産主力ロケットH−2Aの一号機が種子島宇宙センターから打ち上げに成功しました。岸田副大臣は、遠山文部科学大臣とともに打ち上げを見守り、順調な飛行に拍手が沸き歓声が上がりました。
 
 


■ 第八十三回全国高等学校野球選手権大会
 
 
第八十三回全国高等学校野球選手権大会が8月8日から阪神甲子園九十で開催されました。開会式に出席した岸田副大臣は、「新しい世紀にふさわしい、はつらつとした、多くの皆さんに希望を与えるような素晴らしいプレーを期待し、多くの思い出、これはすべて一人一人の人生のかけがえのない財産になると信じます。」と選手を激励しました。
 
 

■ 平成十三年度全国高校総体
 
 平成十三年度全国高校総合体育大会が、8月1日から熊本県で開催されました。
 総合開会式は、熊本県民総合運動場公園陸上競技場で、皇太子殿下のご臨席の下、出席した岸田副大臣は、「若者らしくはつらつとした競技を展開し、青春の良き思い出がたくさん作られることを願っています。」と選手を激励しました。



■ 全国高等学校PTA連合会大会
 
 
8月22日から24日にかけて、宮崎市のワールドカンベンションセンターサミットを主会場にして全国高等学校PTA連合会大会が全国から一万名の関係者が出席のもとに開催されました。開会式では、岸田副大臣は「想像力・活力に満ちた国際社会を生き抜くためには、たくましい人材の育成が最重要課題となり、そのために大胆な教育改革の推進に力を入れていきたい。」と祝辞を述べました。



■ 岸田文部科学副大臣の一日



■ 岸田文雄後援会イーグルレディース白島「国会見学会」
 

 心待ちにしていた国会見学会に行ってまいりました。副大臣にご就任され、慶賀の至り存じ皆張り切って広島空港を後にしてまずは、文部科学省の先生の部屋を訪問させていただきました。
 先生の一層のご活躍を期待し、次は国会議事堂到着。
 「ここが岸田代議士の席です」と説明。楽しい一日でした。

イーグルレディース白島
前 京子




Cpoyright (c)2004 Kishida Fumio , All rights reserved.