トップ ■実績・政策 ■経歴 ■ビデオメッセージ ■活動記 ■@ラジオ ■季刊紙「翔」 ■メール ■後援会

 vol.16
 ■ 新春に向かって
 ■ 新年のご挨拶 岸田文雄公演会 会長 伊藤 學
 ■ 文雄代議士の昨年の活動

 ■新春に向かって
 
  新年あけましておめでとうございます。旧年中は多くの方々のお力添えをいただき、一年間元気に国政での仕事を努めることができました。おかげさまでこうして初当選以来5回目の新春を迎えることができ、その間いただきましたご厚情に対しましてあらためて厚く御礼申し上げる 次第です。
 皆様におかれましてはそれぞれに充実した正月をお迎えのことと存じます。
 しかしながら昨今の金融不安、景気の動向等、日本を取り巻く環境を見ておりますと多くの方々が先行きに不安を感じていらっしゃるのも 事実ではないでしょうか。
 今、日本の国は、少子高齢化社会、ボーダレス社会、大競争時代等に直面し、加えて景気の停滞まで迎えようとしています。
 今のうちに何とかしなくてはならないと考え、様々な構造改革を試みつつあるのですが、これまた改革には「痛み」が伴います。 誠に厳しいものを今の日本に感じます。
 最大限の努力を積み重ねつつ、その努力の成果が現れるまでが我慢のしどころだと考えます。
 そしてこうした厳しい状況を隠すことなく国民の皆様に正しく伝えながら、尚かつ明日への希望や夢を語れる想像力と活力、そして何よりも 説得力こそ厳しい時代に生きる政治家に求められているものだと考えます。
 それではわれわれ日本人の「明日」とは何なのでしょうか。橋本内閣六大改革をはじめとする様々な改革論議の先には一体 どんな日本の姿が待っているのでしょうか。
 私は「努力する人間が報われる国」だと考えています。「自己責任の原則」「市場原理の尊重」「効率化」等々、様々な改革論議に 共通するキーワードがいくつかあります。
 これらのキーワードから推察するにわが国が今めざしているのは「努力する人間が努力しただけ報われる国」であり、 逆に「努力しない人間は残念ながら国としての支援は我慢していただく国」ではないかと考えます。
 努力する人間には国の規制を極力なくして思う存分活動してもらうことにより国を引っぱってもらい、努力しない人間には申し訳ないけれど 財政等厳しい中、国からの支援は今より我慢していただく。
 もちろん努力したくても努力できないハンディを負っている方には、国が支援を考えなければならないことは当然です。
 こう言いますと努力した人間が努力しただけ報われるのは当たり前ではないかと思われるかもしれませんが、戦後日本においては この当たり前のことが当たり前ではなかったのではないでしょうか。
 「護送船団方式」「日本株式会社」等の言葉で代表され、世界でも最も充実した国家社会主義経済だと皮肉られたわが国の戦後経済。 教育も福祉も機会均等ではなくして「結果平等」が当たり前だと思い込んできた国民。
 農耕民族、島国の歴史の中で培われてきた平等意識のもとに、画期的な成功者をついつい妬んでしまう国民性。 こうしたことを考えると戦後日本においては努力する人間が努力しただけ報われるという当たり前のことが通用してこなかったと感じます。
 我々は今行おうとしている構造改革をやり遂げようと思うならば、そして努力した人間が努力しただけ報われる国を受け入れようとするならば、 我々は大きな意識改革が要求されることになると考えます。
 私も自由民主党商工部会長代理、党青年局長等の役職をいただき、こうした大きな国の方向を頭に描きながら平成10年度予算審議、参議院議員選挙等の今年の政治課題に立ち向かう所存です。皆様のご指導ご鞭撻を心からお願い申し上げる次第です。
 終わりに今年一年の皆様のご多幸をお祈り申し上げまして新年のご挨拶とさせていただきます。
 

■ 新年のご挨拶 岸田文雄公演会 会長 伊藤 學
 
 明けましておめでとうございます。 皆様におかれましては、お健やかに新春を迎えられたこととお慶び申し上げます。
 皆様には常日頃より、岸田文雄後援会に対しまして、絶大なるご支援をいただき誠にありがとうございます。心からお礼を申し上げます。
 岸田文雄先生は、初当選以来、皆様方のご支援を胸に国政において活躍されておりますが、現在は衆議院において商工委員会理事、 消費者問題特別委員会理事、又、自民党においては、青年局長、商工部会部会長代理等に就任され、幅広い政策通として、又、 若手のリーダーとして各方面より大きな期待が寄せらております。
 二十一世紀を目前にして国の内外を問わず難問が山積しております。厳しい日本の現実を我々に根気強く訴え、 かつ未来への希望を語ることこそ政治に強く求められているときです。岸田文雄先生はその責任を十分に果たしてくれる政治家であると確信しております。どうか皆様におかれましても、引き続きご支援の程何卒よろしくお願い申し上げます。
 終わりに本年が皆様にとりまして実り多き年となりますことをご祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。  

■ 文雄代議士の昨年の活動 




Cpoyright (c)2004 Kishida Fumio , All rights reserved.