トップ ■実績・政策 ■経歴 ■ビデオメッセージ ■活動記 ■@ラジオ ■季刊紙「翔」 ■メール ■後援会

 vol.9
 ■ 政治に今求められているもの
 ■ 衆議院消費者問題特別委員会で質問
 ■ 岸田文雄君を励ます会
 ■ 出前国政報告会
 ■ 第6回ジャッキアップコンサート開催 [広文会]

 ■政治に今求められているもの
 
 早いもので今年で当選後三回目の新春を迎えることが出来ました。
 衆議院大蔵、商工常任委員会委員、消費者問題特別委員会理事、自由民主党財政部会副部会長等の役職をいただき、元気に活動しておりますことを御報告申し上げますと共に、その間、多くの方々に賜わりましたご支援ご厚情も対し心から御礼申し上げます。
 今、日本の経済はバブル崩壊後の不況の中にあえぎ、構造的な変革を迫られています。
 社会一般においても、阪神大震災、オウム事件に見られているように、日本の安全神話がくずれようとしています。
 また政治にも政治不信、政党離れが言われる中で、新しい選挙制度の実施をにらんでの新たな対応が迫られています。
 こうした不透明な時代、変化を余儀なくされている時代に、政治に最も求められているものは何でしょうか。
 私は「決断と実行力」だと考えます。
 不況に対する最大の景気対策は、政治が国民の前に「決断と実行力」を示すことではないでしょうか。
 社会不安においても、国民が安心を得るために最も効果的な対策は、政治が国民の前に「決断と実行力」を示すことではないでしょうか。そして、政治が「決断と実行力」を国民の前に示すことが、政治不信を解消することにもつながるものと考えます。
 冷戦時代、五十五年体制、あるいは、高度成長、安定成長期と言われていた時代とは、状況も国民の意識も大きく変わってしまっているという時代認識を、国民、特に政治に係わる人間はまず持たなければなりません。
 その変化の認識の上で今、政治に最も強く求められているものは「決断と実行力」だと考えるのです。
 もっとも、誰もが苦しく、不安に思っている時代に「決断と実行力」を示そうとすれば、大きな抵抗や反対を受けることにもなります。 中途半端な気持ちや力ではそれを乗り越えることは出来ません。」余程の覚悟が必要です。
 しかし、これを衆り越えて、政治が「決断と実行力」を示すことにより、必ずや国民は政治が何か してくれるという期待感を感じ、景気や社会不安や政治不信に良い効果が現れるものと信じます。今年一年、私出身、まだまだ若輩微力の身として、色々なものを学び、努力していかなければならないと思いますが、是非、政治の「決断と実行力」というものを最も大切にして活動していきたいと存じます。皆様の、ご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。
 終わりに、平成八年が皆様にりまして輝かしい一年となりますことを心からお祈り申し上げ、年頭のご挨拶とさせていただきます。 
 

■ 衆議院消費者問題特別委員会で質問
 
 
文雄代議士は、昨年11月7日に消費者問題特別委員会におきまして、 宮崎勇経済企画庁長官に対して質問を行いました。
  一、現在のわが国の経済状況について
  二、PL法(製造物責任法)施行後の現状について


 ■ 岸田文雄君を励ます会
 
 昨年10月20日(金)「岸田文雄君を励ます会」が開催されました。当日は公務多忙の中、東京より元内閣総理大臣宮澤喜一先生、文雄代議士と同期でもある、衆議院議員安倍晋三先生(旧山口一区)、衆議院議員山本公一先生(旧愛媛全県区)、また、広島県議会、広島市議会の先生方、また多くの市町村長、市町村議会の先生方をはじめ、会場には約1600人もの方々にご出席を頂きました。文雄代議士は皆様の大きな声援を胸に、元気一杯、新たなる決意を固めました。
    

■ 出前国政報告会
 
 
文雄代議士は現在、各地区において精力的に出前国政報告会を行っていますが、我が郷土広島の将来はもちろんのこと、今後日本が 世界の中でどのような役割を果たすべきなのかを皆様と話し合っていくつもりです。今後とも各地区で開催させていただきますので、皆様のご協力とご参加をお願い申し上げます。
 また、毎週月曜日と土曜日には街頭にて国政報告会を行っていますが、昨年は51回を数えました。出前国政報告会同様、今後も続けていくつもりですので、ご協力をよろしくお願い致します。
 尚、今回は誌面の都合全ての写真を掲載できませんでしたことをお詫びいたします。
 写真掲載分のほかに、
 ●南区旭町出前国政報告会 (10月21日)
 ●袋町地区岸田文雄代議士を囲む会 (11月22日)
 ●舟入本町中・東地区合同出前国政報告会 (11月22日)
 ●広瀬地区岸田文雄代議士を囲む会 (11月25日)
 
 

■ 第6回ジャッキアップコンサート開催 [広文会]
 
 昨年11月12日(日)ゲバントホールに於きまして、広文会(文雄代議士を支援する有志の会)主催によるクラシックコンサートが、広島交響楽団のコンサートマスターである小島秀夫先生のご協力を頂き、開催されました。当日は似鳥学園の子供たちを招待し、普段なかなか音楽を聞く機会が少ない子供たちも、大変楽しんでいました。
 また、休憩時間を利用して、バイオリンのワンポイントレッスンも行われ、文雄代議士もレッスンを受けていました。演奏曲目もアヴェマリア・イエスタデーなど聞き慣れた曲ばかりで、200人余りの聴衆も素晴らしい演奏を楽しんでいました。





Cpoyright (c)2004 Kishida Fumio , All rights reserved.