トップ ■実績・政策 ■経歴 ■ビデオメッセージ ■活動記 ■@ラジオ ■季刊紙「翔」 ■メール ■後援会

 vol.8
 ■ 国民と政治との接点の最前線において
 ■ 文雄代議士衆議院文教委員会で原爆ドーム・厳島神社を視察
 ■ 欧州を視察[衆議院消費者問題特別委員会]
 ■ 出前国政報告会
 ■ 広島における精力的な活動

 ■国民と政治との接点の最前線において
 
 七月に行われた参議院議員選挙における投票率は、全国で44%、広島県に致っては35%という低い数字にとどまりました。あらためて、国民と政治との距離の大きさを示す残念な結果です。
 こうした中、九月二十九日には第百三十四臨時国会が開会しました。今国会においても、平成7年度 第2次補正予算、宗教法人法の改正等々、三十件にものぼる案件が論議されることになっています。 私がこうした論議を実のあるものにするためには、国民と政治の距離を縮めて「国民の理解」を得る ことが何よりも大切だと考えます。
 たとえば、景気対策のための第2次補正予算ですが、これは言うまでもなく、九月二十日発表されました、十四兆2000億円にものぼる史上最大規模の政府の経済対策を受けて組まれたものです。政府は 92年から今年の春までに、五回にわたり60兆円近い景気対策を打ち出してきました。
 しかるに、現在まで日本の経済はゼロに近い成長率しか示すことができません。急激な円高、金融機関 の不良債権、資産デフレ等が足かせになっていたからです。今回の対策を効果あらしめるためには、 こうした問題の解決に道規制筋をつけなければなりません。しかし、円高是正のための緩和や構造改革 の問題にせよ、金融機関の不良債権処理に公的資金を導入するかという問題にせよ、土地や株式といった 資金に対する税制をどうするかといった問題にせよ、一番のポイントは「国民が理解してくれるのか」と いう点ではないかと考えます。
 一方、宗教法人法も今国会の大きな論点になるかと思いますが、同法改正については、マスコミの国民 に対するアンケートにおいては改正賛成が多数を占めている(6/27読売85%、7/9東京83%、9/5NHK86%、 9/23朝日63%)のに対し、野党新進党の宗教法人に対するアンケート(8/末〜9/28)においては改正反対 が88%を占める結果となっていました。どちらのアンケートも9月29日の宗教審議会の報告および法案 の作成前に行われていることを考えると法案を見る前から一体何に賛成であり、何に反対なのだろうか、と首を傾けたくもなるのですが、この問題の結論に、「国民の理解」、「国民の声」といったものが、 大きく影響することはまちがいなさそうです。
 かくのごとく、今国会での重要案件の審議においては「国民の理解」の度合が、どういった結論を導き出す かに関し、大きな力となりそうですが、残念ながら、冒頭に書いたように、国民と政治の距離はあまり に大きいのが現実です。
 我々、若手国会議員は、この現実をしっかりと踏まえて、国民と政治との接点の最前線において、国民 と政治との距離を縮めることに努力していかねば、と考えます。
 こうした思いで、これからも、街頭演説、出前国政報告をはじめとして、日々の政治活動に努めていき たいと思います。皆さまのご指導を引き続きお願い申し上げます。 
 

■ 文雄代議士衆議院文教委員会で原爆ドーム・厳島神社を視察
 
 
文雄代議士は去る9月6日、衆議院文教委員会の一員として、世界文化遺産への記載推薦予定(9月29日 正式決定)の原爆ドーム・厳島神社を視察しました。当日は伊吹文明委員長はじめ二人で、まず平和 記念資料館を見学し、原爆慰霊碑を参拝した後、原爆ドーム前で広島市の担当職員から保存の状態 などの説明を聞き、ドームの内部等の現状を調査しました。その後宮島に渡り、厳島神社で去る平成 3年の台風19号で倒壊し、復元された舞台などを視察しました。
  
 

 ■ 欧州を視察[衆議院消費者問題特別委員会]
 
 文雄代議士は去る8月29日から9月5日まで、衆議院消費者問題特別委員会においてフランス・スイス・イタリアを視察しました。各国の日本大使館員より現地の消費状況を聞き、調査しました。

■ 出前国政報告会
 
 
文雄代議士は現在、各地区において精力的に出前国政報告会を行っていますが、我が郷土広島の将来はもちろんのこと、今後日本が 世界の中でどのような役割を果たすべきなのかを皆様と話し合っていくつもりです。今後とも各地区で開催させていただきますので、皆様のご協力とご参加をお願い申し上げます。
 また、毎週月曜日と土曜日には街頭にて国政報告会を行っていますが、昨年は51回を数えました。出前国政報告会同様、今後も続けていくつもりですので、ご協力をよろしくお願い致します。
 尚、今回は誌面の都合全ての写真を掲載できませんでしたことをお詫びいたします。
 写真掲載分のほかに、
 ●江波舟入地区出前国政報告会(7月15日・平岡才ニ郎宅にて)
 ●江波舟入地区出前国政報告会(8月5日五月会・浅尾市議会議員宅にて)
 ●神崎学区河原町出前国政報告会(8月24日・神崎会館にて)
   
 

■ 広島における精力的な活動
 
  
 南本浦町 敬老会にてお祝いの御挨拶         理容環境衛生組合西部ソフトボール大会にて




Cpoyright (c)2004 Kishida Fumio , All rights reserved.