岸田文雄ホームページ

 G8科学技術大臣会合とは

 平成20年6月14日〜16日にかけて、『G8科学技術大臣会合』ならびのその関連イベントが沖縄で開催されます。この会合は、今年7月に行われます「北海道洞爺湖サミット」に先立ち、地球規模の課題の解決に向けた科学技術協力の強化等について議論するため、史上初めて開催されるものです。
 
 参加予定国は、G8の日本、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、英国、米国とEU、そして、ブラジル、中国、インド、メキシコ、フィリピン、韓国、南アフリカの、16の国と機関です。


 G8科学技術大臣会合と沖縄での開催の意義

 我が国は、「科学技術創造立国」の現実を目指しており、科学技術で世界をリードする役割を期待されています。特に環境やエネルギー分野をはじめとする多くの分野で、世界最高水準の科学技術を有しています。
 一方、地球温暖化や感染症対策等の世界的な課題が人類に対する脅威への対策や、アジアやアフリカ等の開発途上国からの我が国の科学技術の支援や取り組みなど、我が国は国際社会から大きな期待が寄せられています。
 
 これらの背景を鑑みた時、我が国の世界最高水準の科学技術は、国際協力の分野においてもソフトパワーとして活用し得る外交上の重要な資源と言えます。我が国の科学技術は、国際的なプレゼンスを高めていく観点から、科学技術と外交を連携し、相乗効果を発揮する「科学技術外交」を現在重点的に取り組んでいるところです。
 その中で今回開催されます「G8科学技術大臣会合」は、日本にとっても世界から見ても、大変重要な、意義深いものになると期待していますし、そうしていかなければならないと思っております。

エジプト ヒラール高等教育・科学研究大臣

 沖縄は、世界最高水準の教育・研究を行う「沖縄科学技術大学院大学」を設立する構想を現在進めています。この大学院大学を中心に、沖縄は世界の科学技術の発展に貢献する上で主要な拠点の一つとなることを期待されており、政府として科学技術の振興には特に力を入れているところです。
 また、沖縄は平成12年7月に「九州・沖縄サミット」を開催し、それ以降国際会議等の開催地としての実績を重ね、ノウハウを着実に蓄積しています。さらに沖縄は多彩な自然、独特の歴史、文化資源等を有しており、国際会議の開催地として素晴らしい地であると言えます。
 このような沖縄の有する特性及び国際会議のノウハウを生かし、この度の会合やサイドイベントの開催等に様々な形でサポートしていただき、これらを通じて科学技術の推進にご理解・ご関心を持っていただくと共に、沖縄の科学技術がより一層振興することを科学技術担当大臣として沖縄対策担当大臣として期待しています。

沖縄視察において

 今回の会合で議論される3つのテーマ

1.地球規模課題の解決に向けた国際協力による取組み(低炭素社会の実現に向けた研究開発)
 エネルギー関連技術を中心に、バイオ燃料等を例に、研究開発のあり方や社会経済上の影響について議論する。
 
2.アフリカ等の開発途上国との科学技術協力
 開発途上国のニーズを踏まえた人材開発の推進、水、食料、エネルギーの持続可能な供給、感染症対策、生物多様性等の分野における途上国との科学技術協力のあり方について議論する。
 
3.研究開発のリソースに関する協力(大規模研究施設、人材の国際流動化)
 研究開発リソースの国際共用を促進するため、各国の大規模研究施設の相互利用や情報交換を促進するための方策等について議論する。


 サイドイベント

 「ゲノムルネッサンスOKINAWAシンポジウム」
 次世代ゲノムシーケンサーや沖縄科学技術大学院大学の研究機能等を核とした沖縄の先端的なバイオ研究環境について考えるシンポジウムを開催いたします。
 
 開催日時: 平成20年6月13日(金)14:00〜17:00
 開催場所: 沖縄ハーバービューホテルクラウンプラザ
 主催: 沖縄科学技術大学院大学設置促進県民会議
 連絡先: 098−866−2560(沖縄県企画部科学技術振興課)


 「環境とエネルギー問題」ワークショップ in 沖縄
 「環境とエネルギー問題」をテーマに、ノーベル賞受賞者を含むゲストスピーカーによる講演などを通して、いまなぜ科学技術が必要なのか、地域間・国際協力の可能性について考えます。
 
 開催日時: 平成20年6月14日(土)9:00〜15:00
 開催場所: 琉球大学 法文学部 215教室
 申込み先: 琉球大学 学術国際部研究協力課 地域連携推進室
 電話:098−895−8019 FAX:098−895−8185


 わたしがはじめる地球の未来 「サイコロ地球塾2008」未来へつなぐサイエンス&エコロジー
 沖縄の歴史・文化・自然が詰まった沖縄県立博物館・美術館において、本県の未来を担う小・中・高校生が、G8科学技術大臣会合の参加者との交流や化学実験等の体験を通して、科学技術と人類の未来について考えるイベントを開催いたします。
 
 開催日時: 平成20年6月16日(日) 13:30〜17:00
 開催場所: 沖縄県立博物館・美術館
 主催: G8科学技術大臣会合沖縄県支援本部
 連絡先: 098−866−2561

 ※サイドイベントの詳細は各主催者にお問い合わせ下さい


 我が国の呼びかけにより初めて開催されるG8科学技術大臣会合において、「地球規模の課題解決に向けた国際協力による取り組み」や「アフリカ等の開発途上国との科学技術協力」「研究開発のリソースに関する協力」などについて活発な議論が行われます。その結果を北海道洞爺湖サミットへ反映させ、日本としての結果として成果に繋げたいと思っております。
 国民の皆様のご協力をお願いいたします。


G8科学技術大臣会合の様子
内閣府G8科学技術大臣会合
G8科学技術大臣会合沖縄県支援本部


Cpoyright (c)2004 Kishida Fumio , All rights reserved.